下肢静脈瘤の治療

レディ

気軽に受けられる治療

足に血管が浮き出る症状は下肢静脈瘤、あるいはレッグベインと呼ばれており、比較的目立ちやすいため多くの人々が悩まされています。この症状は女性に多く、足に血管が浮き出ると気になってスカートをはくことができなくなったり、プールや温泉、ビーチに行きづらいと感じてしまうことがあります。足に血管が浮き出るとはじめは足がむくむといった症状が現れますが、悪化すると皮膚が潰瘍化してしまうことがあるため治療してもらうことをおすすめします。この治療は入院を必要とせず施術を受けた当日に帰ることができる簡単な治療であるため、ぜひ気軽に相談してみてください。足の血管が浮き出る症状の治療を専門に行っている病院では、下肢静脈瘤レーザー・高周波による手術が実施されています。この手術の流れは、まず最初に超音波検査をしながら血管に印をつけたら手術室に入室して点滴を受けます。続いて麻酔をしたら血管内にレーザーファイバーを挿入し、その静脈の周りに麻酔を行います。そしてレーザー・高周波を照射し、ファイバーを取り除いた部分に絆創膏を貼ったら終了します。施術時間は片足につき10分ほどとたいへん短く、施術の際に痛みは伴いません。施術の終了後は患者が歩いて回復室に移動し、20分ほど休みながら必要な処置を受けたら弾性ストッキングをはいて帰宅することができます。下肢静脈瘤の治療を専門に行っている病院であれば経験が豊富で、安心して任せることができます。